2013年7月 4日 (木)

NO 152 信州 早春の開田高原

 今年の4月開田高原に絵の仲間達と2台の車に分乗してスケッチに出かけました。時期的に少し遅いかと心配しましたが御岳山の残雪は程よく輝いていました。東側から見る御岳山は又格別です。F50号にアクリルで描いて「岐阜県水彩展」に出品しました。

水彩画(アクリル) F50号

385

| | コメント (1)

NO 150 赤い屋根

 久し振りのUPです。この絵は「ぎふの棚田21選」・萩原町野上にある棚田で、その一角にある農具小屋です。赤い屋根が特徴で絵のタイトルにしました。戦後内地に引き揚げて来られた人達が山の斜面を切り開いて造られた棚田です。平成24年度岐阜県美術展「佳作」。岐阜県老人クラブ作品展で優秀第1席(県知事賞)を受賞し、現在岐阜県代表で高知県の「よさこい文化祭」に出品されています。非常に光栄に思います(*^_^*)

水彩画 F40号

964_2    

| | コメント (0)

2010年9月29日 (水)

NO,147 広島 あの時

一度は描いてみたいと今まで思って来ました。岐阜市は昭和20年7月9日に焼夷弾で市内全域が焼け野原になってしまいました。祖父と叔母が防空壕で亡くなりました。被害は原子爆弾だけではありませんが日本は唯一の被爆国です。この大惨事を絶対に風化させてはいけません。自然の風景の具象画ばかりを描いていましたが原爆の恐ろしさを「広島・ あの時」のタイトルで「8時15分」の瞬間を表現してみました。

ワトソン F40号 水彩

7013_3

| | コメント (0)

2010年4月25日 (日)

NO. 142 白川郷の秋

 白川郷の風景は幾度も描いていますが一般の建物と比べて桁違い大きいのでその迫力がキャンバスに充分表現出来るかどうかが悩みの種です。それに贅沢に秋の気配を感じる様に描きたいのですから吾ながら無鉄砲だと自嘲しているところです。今回もアクリルで描いてみましたがアクリルの持つ特性で強烈に表現出来たとすれば儲けものだと少しは納得しています。

F40号 マーメイド使用 アクリル
6394

| | コメント (0)

2009年11月28日 (土)

NO.140 希望

先回に続いて今までに描いた事のない絵に挑戦してみました。自分自身珍しい絵に対して戸惑いがあって暫く筆を止めていました。何とか描き終えましたが現実の風景から離れた絵はやっぱり苦手です。

アクリル 40号
5991

| | コメント (0)

2009年11月26日 (木)

NO.139 バリ島のバロン踊り

アクリルで描く絵は水で溶くので水彩画の領域ですが従来からある水彩画、油彩画、日本画という呼び方の区別から考えると若干不自然な気がします。今回私はその不思議な絵に挑戦しました(*^_^*)可笑しい事にバリ島の「バロン踊り→聖獣バロンと魔女ランダの戦い」を描いたつもりがどうやら「日本の獅子」になってしまった様です。

アクリル 40号
5813_2

| | コメント (0)

2009年7月19日 (日)

NO.117 スペインの彩り

昨年の2月、絵の仲間とスペインに行った時に絵を描くのに参考になればと手当たり次第に沢山の写真を撮って来ました。プリントして見ると期待は大きく外れゴミ箱入りばかりでガッカリでした。それでも微かに記憶だけはありましたので完全に忘れてしまわない内にとコラージュ的ですが記憶にあった風景等を一枚の絵に描き込めてみました。スペインの風景はとても色鮮やかで美しい印象がありましたが、今回は特に天才建築家ガウディーの作品が強く印象に残っていましたので、それを中心に「スペインの彩り」というタイトルで美しさを強調して仕上げてみました。

アクリル F40号

5532

| | コメント (0)